デザインを教養に。

パソコンやオフィスソフト(Microsoft WordやPowerPointなど)が普及した今、たくさんの人が様々な資料を作成するようになりました。アイデアや成果を提案・報告するための企画書やプレゼン資料、レポート、他にもイベントやセミナーを告知するためのポスターやチラシなど、その種類は多岐にわたります。しかし、デザイナーではない多くの人にとって、「読みやすく、見やすく、魅力的な資料」を作り上げるのは簡単なことではありません。その原因は、デザインのセンスの問題ではなく、デザインのルールを知らないことにあります。読みやすさと見やすさ、わかりやすさ、すなわち「伝わりやすさ」を最大限高めるための「伝わるデザインの基本」。「オフィス伝わる」は、あらゆる資料作成に役立つ伝わるデザインの基本知識を広めていくことを目標にしています。